LOGO

 

最新情報

  • 〈年末年始のご注文と発送について〉
    釧路屠場閉鎖に伴い、帯広屠場に移行したため、帯広での年末の屠畜が12月16日(金)で終了となります。ご不便をおかけ致しますが、年末年始の羊肉の受注・発送を下記のようにお願い致します。

    ■12月20日〜12月30日までの納品については12月14日迄にご注文頂ますようお願いします。

    ■1月7日〜1月13日までの納品については12月23日迄にご注文頂ますようお願いします。1月14日以降は通常通り営業致します。

    ■年末の出荷は12月28日が最終となります。
     道内・29日着、道外・30日の着です。

    ■年始は1月12日が最初の出荷です。道内・13日、道外・14日着となります。

    *冬季は大雪などの影響で延着することもございます。時間的に余裕を持ってご注文下さいますよう、お願いしたします。

  • レストラン・クオーレより、クリスマス・ディナーのお知らせ。
    12月23日(金)・24日(土)はクリスマス特別メニューをご用意して、皆様をお待ちしております。

お客様 各位 値上げのおしらせ


いつもお世話になっております。  実は今年3月末日をもちまして、弊社がこれまで利用しておりました北海道畜産公社釧路工場が閉鎖されます。それにともない4月よりは同社帯広工場で屠畜することになります。しかしながら距離にして、今までの三倍以上(片道110km)になり、所用時間、燃料費、人件費が増大し、屠畜後枝肉の引取りが規定により屠畜翌日の搬出となり、引取りについては、運送業者に委託することになり、新たな経費が発生します。  このような事情により、誠に申し訳ございませんが、商品価格の見直し値上げをさせていただくことになり、4月1日より新価格でのお取扱いとさせていただきますので、ご了承願います。 老朽化した屠畜場が今後の衛生基準に対応することができないのが理由ではありますが、合理化再編で不採算部分を切り捨てるという理由も否めません。結果北海道道東釧路根室地区には屠畜場が無くなり、酪農を中心とした地域に直径300km県内に屠畜場不在という事態が発生します。TPPの保証はあっても屠畜場の合理化に対する保証は道内他地域でも同じような広域化が行われているので、特別不利な地域とはいえないということになります。